ゼニカルで痩せてみよう

献血で痩せられる?フラフープの運動効果とゼニカル

献血をすると痩せられる、という噂があります。 その根拠となるのが、アメリカの大学の研究報告です。500mlの献血を行うと650kcal近く消費できて、その後血液を抜かれた体が血液を増やそうと働きかけることで、カロリーが消費されるということです。 また、糖質や脂質などのダイエットの妨げになっている血液が抜かれることでデトックス効果が得られる、ということも理由としてあげられています。 しかし、献血は短期間に何度もできることではないので、ダイエット効果は期待できないという意見も濃厚です。 なので、カロリーを消費できるにしても、献血だけで痩せるというのは、あまり期待できない話でしょう。 フラフープを行うことで、運動不足や食べ過ぎで失ってしまったくびれを取り戻せる可能性があります。腰を動かして腹筋や脇腹を引き締めることができるので、きれいなウェストラインをキープさせるのに有効です。 フラフープで体を引き締めるコツは、姿勢に気をつけることです。姿勢を正すと骨盤矯正効果が得られる可能性もあります。 回すときには、片方の足を半歩前に出します。左に回すなら左足、右に回すなら右足を前に出して、膝を曲げて少し腰を落とします。前屈みにならないように気をつけて、胸を張るようにします。 この姿勢のままフラフープを回すようにします。上半身は動かさず、お腹だけで回すのがコツです。 1日10~20分を目安に続けていれば、骨盤周辺のインナーマッスルを鍛えることができます。 食べ過ぎの問題には、ゼニカルが有効です。ゼニカルは脂肪吸収を防いでくれる薬です。医薬品なので、ちゃんと効果が確かめられているのがメリットです。脂肪を摂取したときの食事中か食後30分以内に飲むようにして使うと、脂肪の吸収を抑えてカロリーカット効果が得られます。

ゼニカル

ゼニカル最新記事