ゼニカルで痩せてみよう

禁煙による肥満対策にゼニカル

禁煙で太ったらゼニカル禁煙をすることで、肺がんやCOPD(慢性閉塞肺疾患)といった病気のリスクを下げることができます。いつから始めたとしても、遅いことはありません。 禁煙成功すれば徐々に肺の機能が戻って行って、ほとんど非喫煙者と変わらなくなることもあります。 禁煙は良いことばかりですが、欠点もあります。それが肥満です。 タバコが吸えない寂しさを紛らわせようとして飴やガムなどの摂取量が増えたり、味覚が回復して食事がおいしくなりすぎて、食べ過ぎてしまうこともあります。 タバコを吸っていた間はそれほど食に興味がなかった人でも、禁煙して味覚が復活するとグルメになって太ってしまう可能性があります。 肺の病気も怖いですが、肥満による糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞も怖い病気です。せっかく禁煙に成功したら、今度は肥満になって病気のリスクが前よりも上がってしまったということにならないように、対策しましょう。 対策の一環として、ゼニカルを使う方法があります。ゼニカルは脂肪吸収を抑えてくれるダイエット薬です。個人差はありますが、食べた脂肪分のうち約30%を体に吸収させずに便と一緒に排出してくれます。 ゼニカルが向いているのは、脂っこいものをよく食べる人です。唐揚げ、天ぷら、など揚げ物が大好きな人には、脂肪のカロリーカットをしてくれるゼニカルは助けになります。 ただし、ゼニカルは糖質とたんぱく質のカロリーはカットしてくれません。ダイエットにとって糖質は好ましくない存在なので、糖質の摂りすぎには注意しましょう。 口寂しさを紛らわすために飴やガムを食べているという人は、スルメや昆布などに切り替えたほうが良いでしょう。匂いが漂うので、そのあたりは周りに迷惑にならないように食べましょう。

ゼニカル

ゼニカル最新記事